メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第11部 プロ野球 パ・リーグ/16 近鉄の教え、脈々

近鉄時代、プロ初先発初勝利を挙げた近藤=大阪ドームで2004年9月20日、貝塚太一撮影

 2004年に消滅した大阪近鉄バファローズでプレーした現役選手は今、わずか3人になった。読売ジャイアンツの岩隈久志(38)、そして東京ヤクルトスワローズの近藤一樹(36)と坂口智隆(35)。「ある意味、すごく貴重なところにはまってしまった。それを励みにやっていかないと」。昨季も中継ぎで59試合登板と奮闘した近藤は、ほほ笑んだ。

 プロ野球史上初のストライキ決行が決まった04年9月17日。近鉄の選手たちは札幌にいた。当時、プロ3…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです