メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第11部 プロ野球 パ・リーグ/16 近鉄の教え、脈々

近鉄時代、プロ初先発初勝利を挙げた近藤=大阪ドームで2004年9月20日、貝塚太一撮影

 2004年に消滅した大阪近鉄バファローズでプレーした現役選手は今、わずか3人になった。読売ジャイアンツの岩隈久志(38)、そして東京ヤクルトスワローズの近藤一樹(36)と坂口智隆(35)。「ある意味、すごく貴重なところにはまってしまった。それを励みにやっていかないと」。昨季も中継ぎで59試合登板と奮闘した近藤は、ほほ笑んだ。

 プロ野球史上初のストライキ決行が決まった04年9月17日。近鉄の選手たちは札幌にいた。当時、プロ3年目の21歳だった近藤はこの遠征でプロ初先発のマウンドを踏むはずだったが、翌18日からのストのためにお預けとなった。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです