メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

文学者らが語り合う「寂聴」の魅力 「小説の原形は自身に」

瀬戸内寂聴さんの文学作品について語り合う登壇者たち=東京都新宿区西早稲田の早稲田大小野記念講堂で2019年12月9日、須藤唯哉撮影

 97歳になった今も幅広く活躍する作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの文学者としての功績をとらえなおすイベント「寂聴サミット~いま、瀬戸内寂聴の文学に立ち向かう~」が昨年12月9日、東京都新宿区の早稲田大小野記念講堂で行われた。瀬戸内さんを敬愛する作家や詩人ら4人が登壇し、具体的な作品を取り上げながら「寂聴文学」の魅力について語り合った。

 登壇したのは、詩人で早稲田大教授の伊藤比呂美さん▽批評家の尾崎真理子さん▽作家の高橋源一郎さん▽作…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです