メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/10 すらりと格調高い境地に 史伝ものの文体=作家・林望

史伝小説『渋江抽斎』の初回が掲載された1916(大正5)年1月13日の東京日日新聞(現在の毎日新聞)

 三島由紀夫は『文章読本』のなかで、鷗外の『寒山(かんざん)拾得(じっとく)』から「閭は小女を呼んで、汲立(くみたて)の水を鉢に入れて来いと命じた。水が来た。」を例に引いて、こう述べている。

 「私がなかんづく感心するのが、『水が来た』といふ一句であります。この『水が来た』といふ一句は、全く漢文と同じ手法で『水来(   ル)』といふやうな表現と同じことである。しかし鷗外の文章のほんたうの味はかういふところにある……」

 『寒山拾得』に限らない。また、『追儺(ついな)』の「家が新しい。畳が新しい。畳に焼焦しが一つないの…

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子「他に選択肢なかった」 王室決定「大きな悲しみ」公務引退に無念にじませ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです