メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

複数公募で世界観鮮明に=外舘和子

 筆者が2度目の審査員を務めた韓国国際陶磁ビエンナーレ(KICB)が韓国・利川世界陶磁センターで開催中(5月31日まで)だ。10回目を迎えた同展は今回さまざまな改革を行った。最も画期的な改革は、通常の公募展が1作家1作品の公募方式を取るのに対し、各作家に複数の作品で応募させる一種のポートフォリオ方式を採用したことである。陶芸の国際公募展はイタリア、日本、台湾などさまざまな地域で行われているが、少なくとも陶芸界では世界初の試みであろう。

 展覧会場は82カ国1599名から選ばれた42名のオブジェ作家や器の作家が、それぞれ複数の作品で空間を構成。いわば42作家のインスタレーションないし個展の集合である。この新方式により、各作家の世界観や陶芸に対する考え方、全体的な力量が見られるようになった。審査基準については審査員間で事前に話し合い、創造性、技術力、空間構成力、テーマ性の四つの基準で合意した。さらに、実物の並ぶ会場の他にウェブサイト…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです