安倍首相が中東に出発 「対話や自制的な対応促す」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=川田雅浩撮影
安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は11日午前、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。米国とイランの対立で中東情勢が緊迫化するなか、各国の首脳らと緊張緩和に向けて意見交換するほか、海上自衛隊の中東派遣について理解を求める考えだ。15日に帰国する。

 首相は出発前、羽田空港で記者団に「これ…

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文236文字)

あわせて読みたい

ニュース特集