中東緊張緩和、海自派遣…サウジなど3カ国と連携確認へ 首相歴訪出発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=川田雅浩撮影
安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は11日午後(日本時間同日深夜)、中東3カ国歴訪の最初の訪問国であるサウジアラビアに到着した。サウジの後、アラブ首長国連邦(UAE)とオマーンも訪れる。米国とイランの対立で中東の緊張状態は続いており、首相は3カ国首脳らとの会談で情勢の安定化に向けた連携を確認したい考えだ。海上自衛隊の中東派遣についても理解を求める。

 首相は政府専用機で羽田空港を出発する前、記者団に「これまでの友好関係の上に、話し合いによる対話、自制的な対応を促し、日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく」と語った。海自の中東派遣については「日本関係船舶の航行の安全を確保するため、情報収集能力を強化する必要がある」と説明し、訪問先で理解を求めていく考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集