追いつめられたイランが民間機撃墜を認めざるを得なくなった裏の事情

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
イランに撃墜されたウクライナ国際航空のボーイング737旅客機=キエフ市郊外で2018年5月、AP
イランに撃墜されたウクライナ国際航空のボーイング737旅客機=キエフ市郊外で2018年5月、AP

 イランは11日、乗員乗客176人が死亡したウクライナ機の墜落について、これまで示唆していた「事故説」を一転させ、軍の誤射で撃墜したことを認め謝罪した。安全保障に絡む問題でイランが主張を撤回する異例の措置をとったのは、米国からの制裁強化が進む中、国際的な孤立を避ける狙いがあるほか、経済悪化で不平を抱く国民からの突き上げも回避したい思惑があるとみられる。【エルサレム高橋宗男、ニューヨーク隅俊之】

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1295文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集