メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追いつめられたイランが民間機撃墜を認めざるを得なくなった裏の事情

イランに撃墜されたウクライナ国際航空のボーイング737旅客機=キエフ市郊外で2018年5月、AP

 イランは11日、乗員乗客176人が死亡したウクライナ機の墜落について、これまで示唆していた「事故説」を一転させ、軍の誤射で撃墜したことを認め謝罪した。安全保障に絡む問題でイランが主張を撤回する異例の措置をとったのは、米国からの制裁強化が進む中、国際的な孤立を避ける狙いがあるほか、経済悪化で不平を抱く国民からの突き上げも回避したい思惑があるとみられる。【エルサレム高橋宗男、ニューヨーク隅俊之】

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです