メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔡英文氏が再選決め、勝利宣言 台湾総統選

 台湾総統選は11日投開票され、中国と対立する民進党の蔡英文総統(63)が対中融和路線の最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)と野党・親民党の宋楚瑜主席(77)を破り、再選を果たした。香港で続く抗議デモを受けて台湾世論に中国への警戒感が強まる中で、「対中強硬」姿勢を明確にした蔡氏が多くの支持を集めた。独立志向がある民進党が今後も政権を担い、冷え込んだ中台関係は当面、続きそうだ。

 台湾テレビ局TVBSの午後9時20分(日本時間同10時20分)現在の独自集計によると、蔡氏が約808万票、韓氏が約545万票、宋氏が約60万票となっている。800万票超は史上最多得票。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです