メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都 コロナ警戒レベル「最高」に引き上げへ

「時代遅れな司法制度、廃止するのはあなた」ゴーン被告弁護士が声明 森法相発言に

逃亡後初めて記者会見するカルロス・ゴーン被告=ベイルートで2020年1月8日、AP

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などで起訴=の代理人弁護士は10日、森雅子法相が「ゴーン被告は司法の場で無罪を証明すべきだ」と発言したことについて声明を発表し、「有罪を証明するのは検察であり、無罪を証明するのは被告ではない。ただ、あなたの国の司法制度はこうした原則を無視しているのだから、あなたが間違えたのは理解できる」などと皮肉を込めて批判した。

 この代理人弁護士は、フランスの元人権担当大使のフランソワ・ジムレ氏。声明で、ジムレ氏は「世界人権宣言が採択されて以降、推定無罪や(被告の)尊厳の尊重、自己弁護の権利は公正な裁判における重要な要素だ」と指摘。「国連や主要なNGOは、日本の司法制度を『人質司法』と見なしている」とした上で「日本は、称賛されるべき近代的で先進的な国だ。罪のない人を人質にするような、時代遅れな制度は似合わない。それを廃止…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  4. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

  5. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです