是枝監督も絶賛の脚本 家族の絆描くナマハゲ映画製作へ 秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
製作発表の記者会見で、映画への思いを語る佐藤快磨監督(左)=秋田県庁で2020年1月10日、川口峻撮影
製作発表の記者会見で、映画への思いを語る佐藤快磨監督(左)=秋田県庁で2020年1月10日、川口峻撮影

 秋田市出身の映画監督が、男鹿のナマハゲを軸に家族の絆を描いたオリジナル脚本の映画「泣く子はいねぇが(仮題)」を製作することになり10日、秋田県庁で製作発表の記者会見を開いた。撮影は3月にかけて男鹿市や秋田市などで行われる予定で、監督は「撮影や映画公開で秋田が盛り上がれば」と話している。【川口峻】

 監督を務めるのは、佐藤快磨(たくま)さん(30)。高校まで秋田市で暮らしたといい、劇場用の商業映画を手がけるのは今回が初めてという。

 映画は大みそかに泥酔した主人公が、ナマハゲ行事の最中に失態をおかして、出産後の妻と離婚。東京で暮らすようになったが、やがて、妻や娘の消息を知り、生活を立て直すために2人のいる秋田に戻る――というストーリー。主演は俳優の仲野太賀さんが務める。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文754文字)

あわせて読みたい

注目の特集