メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪にも「地下神殿」 寝屋川流域の地下排水整備進む 大規模浸水対策

讃良立坑=大阪府寝屋川市で2019年12月19日、平川義之撮影

 東日本を襲った10月の台風19号で「地下神殿」とも呼ばれる「首都圏外郭放水路」(埼玉県春日部市)が大規模な浸水被害を防いだ。中小河川の洪水を地下に取り込み、トンネルを通し大河川に流す仕組みだ。大阪府でも東部の寝屋川流域などで雨水を排水する「地下河川」の整備が進められている。全て完成するのは20年以上先だが、貯留施設として既に稼働している巨大トンネルを訪ねた。

 南寝屋川公園(寝屋川市讃良=さんら=東町)の一角にある事務所風の建物が、地下河川につながる讃良立坑(たてこう)の入り口。安全確保のため、15分ほどの換気と酸素濃度計の携帯が欠かせない。大阪府寝屋川水系改修工営所の佐々木剛志総括主査らの案内で約220段の階段を下りると、直径35メートル、深さ40メートルの立て坑の底にたどり着いた。

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです