連載

1・17あの日から私は

毎日新聞デジタルの「1・17あの日から私は」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

1・17あの日から私は

みんな一丸「ある物は売ろう、物があるなら運ぼう」当時のダイエー副社長、阪神大震災語る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中内潤・流通科学大学長=同大学提供
中内潤・流通科学大学長=同大学提供

中内潤(64)流通科学大学長

 震災当時は、流通最大手のダイエー副社長。被災者に生活必需品をいち早く届けようと、兵庫県内49店のうち24店を震災当日に開店する陣頭指揮を執った。ダイエーは神戸を地盤としていた。

     ◇

 東京の自宅で神戸の大地震を知り、東京オフィスに一番乗りで入った。いつもの執務室でなく、営業本部に行くと電話が鳴りっぱなし。現地の各店長からだったが、地区の本部長に組織立って連絡するようにした。本部長には電話は切るなと指示した。北海道や長崎での震災経験で一度電話を切るとつながりにくくなることを学んでいたからだ。経験値があるのは強みだった。

 午前7時に対策本部を設けた。政府より早かった。「町中が火事」との情報には「地震なのに火事?」と当惑したのは特に印象に残っている。情報収集のため、東京からヘリコプターで現地に10人を派遣した。名古屋などの配送センターからはトラックを走らせた。福岡では、フェリーが飲料水や食料品を積んだダイエーのトラックを優先的に載せてくれた。運輸省(現国土交通省)、農林水産省などさまざまな機関に連絡し、協力を得た。…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1120文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集