メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄付の特典にマタタビ入り七味 猫に不妊・去勢手術を 長野のNPO、老舗八幡屋礒五郎とコラボ

八幡屋礒五郎がマタタビをブレンドしたオリジナル七味=長野市安茂里西河原のながの動物福祉協会で2020年1月9日、錦織祐一撮影

 NPO法人「ながの動物福祉協会」(長野市安茂里西河原、丸田由香里理事長)は、「野良猫ゼロ」を目指して猫に不妊・去勢手術を施すための資金をクラウドファンディングで募っている。寄付の特典として、七味唐辛子の老舗メーカー「八幡屋礒五郎」(同市)とコラボし、マタタビをブレンドしたオリジナル七味を贈る。【錦織祐一】

 同協会は1989年に動物愛好家有志で結成した。当時は少数派だった猫の不妊・去勢手術を広めようと活動。95年に獣医師がボランティアで手術を施す専門施設をオープンし、2013年に「ネコ不妊手術センター」として常設化。19年は882匹に手術を施した。長野市も00年に助成制度を始め、09年度には猫の殺処分は159匹だったが18年度には21匹にまで減った。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです