メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑波大推薦入試 受験生に体重、体形尋ねる 「人権上問題」指摘も

筑波大キャンパス=茨城県つくば市で2013年9月、相良美成撮影

 筑波大(茨城県つくば市)が医師を養成する医学群医学類の入試の適性検査で、身長や体重を記入させていた。関係者への取材では「痩せている」「太っている」「筋肉質」の3択から体形を選ぶ質問もあった。受験生側や専門家から「人権上おかしいのではないか」と疑問視する声が上がっており、大学は今後見直すかどうか検討する。

 筑波大によると、2018年度から医学類の一般入試と推薦入試で採用している適性検査に、体重や体形に関する質問が含まれている。SCT(文章完成法テスト)と呼ばれる心理テストで、「子どもの頃、私は」など書きかけの文章に続けて短文を記述させ、性格や適性などを読み取る。医療現場や企業の採用試験などで広まっている。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです