メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幸せへの願いがピンクに染めた“聖地” ブーム起こした幸福駅の今

 幸せを願う人たちが貼った“きっぷ”で、木造の駅舎は埋め尽くされていた。「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで、約40年前に大ブームとなった旧国鉄広尾線の幸福駅(北海道帯広市)。6年前の駅舎建て替えを経た今も願いを託す習慣は引き継がれ、不思議なピンクの空間が広がる。

 二つ隣にあった愛国駅(同市)と結ぶ「幸福きっぷ」。1973年にテレビで紹介されると、前年は7枚しか売れなかった「愛国―幸福」の区間切符の販売枚数は、4年間で1000万枚を超えた。8…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです