メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーリードッグ、おしくらまんじゅう 寒いのはちょっと…団子状態 北九州の動物園

 1年で最も寒い季節を迎え、北九州市小倉北区の動物園「到津の森公園」ではオグロプレーリードッグが身を寄せ合い団子状態になって暖まる姿が見られるようになった。

 オグロプレーリードッグは北アメリカに分布する体長20~40センチのリス科の動物で尾の先が黒いのが特徴。同園では現在、10匹を飼育している。

 後脚で立ち上がったり、飼育舎の庭の部分…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです