メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男子ソフトボール界の二刀流、松田光選手 世界選手権6冠「投打とも一流」

2019年のWBSC年間最優秀選手に選ばれた平林金属の松田光選手=岡山市北区で、益川量平撮影

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(25)に匹敵する“二刀流”が、岡山にいる。ソフトボール男子日本リーグの平林金属に所属する松田光選手(33)。2019年は6月にチェコで行われた世界選手権で日本を準優勝に導き、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が選ぶ年間最優秀選手に選ばれた。

 世界選手権での活躍は圧巻だった。投げては、いずれも出場選手中トップの4勝、防御率0・46をマークし、打撃でも打率5割4分5厘、13打点に加え、出塁率、長打率でも1位に立って6冠に輝いた。野球・ソフトから1人ずつが選出されるWBSCの年間最優秀選手の受賞は、日本選手では14年の上野由岐子選手、15年の大谷選手らに続き4人目の快挙。松田選手は「海外の選手からたくさん連絡をもらって重みを感じた」とほほ笑む。

 千葉県四街道市出身。小1でソフトボールを始め、千葉敬愛高ではチームを全国高校選抜優勝、京産大では西日本大学選手権2連覇に貢献。10年に平林金属に入社して以降は、投打で数々のタイトルを獲得。19年は最多勝利投手賞(11勝)と打点王(30打点)を手にし、最高殊勲選手賞に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです