連載

2020に懸ける

2020年の熱狂は五輪競技にとどまらず、あらゆるスポーツ現場に広がります。アスリートたちの思いを紹介します。

連載一覧

2020に懸ける

世界一の「鬼ごっこ決定戦」でW杯の興奮再現へ ラグビー7人制男子日本代表ヘッドコーチ・岩渕健輔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪で金メダルを目指すラグビー7人制男子日本代表の状況を語る岩渕健輔ヘッドコーチ=東京都府中市で2020年1月8日午前10時17分、大谷津統一撮影
東京五輪で金メダルを目指すラグビー7人制男子日本代表の状況を語る岩渕健輔ヘッドコーチ=東京都府中市で2020年1月8日午前10時17分、大谷津統一撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の興奮を五輪でも再現――。ラグビーの7人制男子日本代表は東京都府中市で代表候補合宿を実施し、東京五輪に向けた準備を進めている。4位と健闘した2016年リオデジャネイロ五輪後は低迷が続く日本の再建を担うのは、岩渕健輔ヘッドコーチ(HC、44歳)だ。

 「五輪をイメージして練習できるよう取り組んでいる。日に日に緊張感が高まっている。W杯後の五輪で危機感を持っている。ラグビーになじみのない方にも見ていただけるが、五輪の多くの競技の中で、より一層存在感を出さなければいけない」

 合宿会場である府中朝日フットボールパークは、五輪の舞台である味の素スタジアム(調布市)に近い。合宿では基礎体力とセットプレーの強化に加え、精神面の安定をテーマに掲げる。実戦形式の練習では、数日前にキックオフの時間だけ決め、ウオームアップの方法や戦術などを選手の判断に任せている。

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1383文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集