メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

早大11大会ぶり大学ラグビー日本一 最多16回目 明大降す

前半、トライを奪う早大の丸尾=東京・国立競技場で2020年1月11日、宮間俊樹撮影

 ラグビーの全国大学選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早稲田大(関東対抗戦2位)が6トライを奪い、明治大(同1位)に45-35で勝利し、第45回大会(2008年度)以来11大会ぶり最多16回目の優勝を果たした。全国大学選手権決勝での「早明戦」は第33回大会(1996年度)以来23大会ぶりだった。

 早大は前半、素早い集散からFW、バックスが一体となったスピード豊かな連続攻撃を仕掛け、NO8丸尾らが4トライを奪い、31―0とリードして折り返した。後半も明大の反撃をしのぎ、2トライを重ねて逃げ切った。約1カ月前の関東大学対抗戦は7―36で敗れたが、雪辱を果たした。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです