メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我慢の懸命守備 青森山田、接戦で帝京長岡降し2連覇へ王手 全国高校サッカー

【青森山田-帝京長岡】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ青森山田の田中翔(左)=埼玉スタジアムで2020年1月11日、宮武祐希撮影

〇青森山田2―1帝京長岡●(サッカー全国高校選手権準決勝、11日、埼玉スタジアム)

 高校生らしからぬしたたかさで接戦を制し、青森山田が2連覇へ王手をかけた。

 序盤から攻撃的なサッカーを志向する帝京長岡にゴールを脅かされた。だが、我慢強くしのいでチャンスを待った。前半16分、田中翔が頭で決めて先制すると、後半早々には、前半に相手のシュートをゴールライン上でスーパークリアした1年生の松木が左足で押し込んだ。

 相手に許したシュートは17本。一体となった懸命の守りで耐え、反撃を1点に抑えた。「チームのために守…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです