我慢の懸命守備 青森山田、接戦で帝京長岡降し2連覇へ王手 全国高校サッカー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【青森山田-帝京長岡】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ青森山田の田中翔(左)=埼玉スタジアムで2020年1月11日、宮武祐希撮影
【青森山田-帝京長岡】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ青森山田の田中翔(左)=埼玉スタジアムで2020年1月11日、宮武祐希撮影

〇青森山田2―1帝京長岡●(サッカー全国高校選手権準決勝、11日、埼玉スタジアム)

 高校生らしからぬしたたかさで接戦を制し、青森山田が2連覇へ王手をかけた。

 序盤から攻撃的なサッカーを志向する帝京長岡にゴールを脅かされた。だが、我慢強くしのいでチャンスを待った。前半16分、田中翔が頭で決めて先制すると、後半早々には、前半に相手のシュートをゴールライン上でスーパークリアした1年生の松木が左足で押し込んだ。

 相手に許したシュートは17本。一体となった懸命の守りで耐え、反撃を1点に抑えた。「チームのために守備から入っている」と田中翔。黒田監督は「タイトルをとりたいという彼らの欲望が出たゲーム」とたたえた。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文529文字)

あわせて読みたい

注目の特集