メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波状攻撃で崩した幾重もの防御壁 しつこさ生きたPK 静岡学園 全国高校サッカー

【静岡学園-矢板中央】試合終了間際、決勝点となるPKを決める静岡学園の松村=埼玉スタジアムで2020年1月11日、藤井達也撮影

〇静岡学園1―0矢板中央●(サッカー全国高校選手権準決勝、11日、埼玉スタジアム)

 静岡学園は準決勝までの4試合で計15得点。個々の高い技術を生かして波状攻撃を仕掛けるものの、矢板中央の守備は実に粘り強く組織的で、高い集中力によって研ぎ澄まされていた。静岡学園の川口監督の言葉がそれを表している。「苦しい試合だった。矢板中央の守備は穴がなく、すきがなかった」

 攻撃の中心で10番を背負う松村も思うようなプレーが出せなかった。J1鹿島入りが内定している俊足のアタッカーは相手の二重三重の防御策に苦しんだ。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです