メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波状攻撃で崩した幾重もの防御壁 しつこさ生きたPK 静岡学園 全国高校サッカー

【静岡学園-矢板中央】試合終了間際、決勝点となるPKを決める静岡学園の松村=埼玉スタジアムで2020年1月11日、藤井達也撮影

〇静岡学園1―0矢板中央●(サッカー全国高校選手権準決勝、11日、埼玉スタジアム)

 静岡学園は準決勝までの4試合で計15得点。個々の高い技術を生かして波状攻撃を仕掛けるものの、矢板中央の守備は実に粘り強く組織的で、高い集中力によって研ぎ澄まされていた。静岡学園の川口監督の言葉がそれを表している。「苦しい試合だった。矢板中央の守備は穴がなく、すきがなかった」

 攻撃の中心で10番を背負う松村も思うようなプレーが出せなかった。J1鹿島入りが内定している俊足のア…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです