メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新成人、決意新たに 障害者支援施設、卒業生5人 会津若松 /福島

NPO「夢あるき」の成人式に出席し、記念写真に納まる新成人と保護者ら=福島県会津若松市東栄町で

 発達障害児者やその家族を支援するNPO法人「夢あるき」(会津若松市)が11日、運営する支援センターの卒業生5人の成人式を行った。新成人らは喜びを隠せない様子で、オリジナルの「成人証書」や記念品を受け取っていた。

 同NPOは1997年に活動を開始。近年は利用者が成人するようになり、ほぼ毎年成人式を開催している。

 成人式では、森田まゆみ理事長が「これから歩む道は大変なことが多いかもしれませんが、ご家族や関係者と一緒に進めばきっと大丈夫」とはなむけの言葉を贈り、保護者の20年間もねぎらった。新成人は通所施設や企業で働く近況を報告し、「これからも頑張ります」などと口々に決意を述べた。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 新型コロナ休校でお子さんは疲れていませんか? 親が子供にやってはいけないこと

  3. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  4. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです