メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災25年

石綿被害どう防ぐ 災害時の行動、意見交換 神戸でシンポ /兵庫

クロスロードを実演し、災害時のアスベスト対策について意見を交わす参加者=神戸市中央区雲井通5の市勤労会館で、近藤諭撮影

 阪神大震災から17日で25年を迎えるのを前に、震災とアスベスト(石綿)について考えるシンポジウム(実行委主催)が11日、神戸市勤労会館(中央区雲井通5)であった。約230人が参加し、カードゲームなどを使って災害時に石綿被害を防ぐ方法を考えた。

 阪神大震災から生まれたカードゲーム形式の防災教材「クロスロード」を使った実演では、「災害ボランティアで訪れたがマスクなしで解体作業をするか」などの問題が出題された。参加者は5人ほどのグループに分かれ、「復興に役立つためにも作業をするべき」や…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです