メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

SNSでの犯罪被害対策って? /和歌山

携帯電話販売店に掲示してある、県が作成したフィルタリングの重要性を呼びかけるポスター=和歌山市善明寺のauショップ和歌山北店で、木原真希撮影

 なるほドリ ツイッターなどのソーシャル・ネット・ワーキングサービス(SNS)を通じて子どもが犯罪に巻き込まれるニュースをよく見るよ。被害が増えているのかな?

 記者 警察庁によると、2018年に全国でSNSを通じて犯罪に巻き込まれた18歳未満の子どもは1811人でした。13年に比べると約500人増えています。19年にも大阪市内の小学6年生が誘拐されたほか、性犯罪被害などが多発しています。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです