メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット動くと楽しい! 小学生がプログラミング学ぶ 鳴門 /徳島

自分で組んだプログラムを送信してボート型ロボットを動かす小学生=鳴門市で、松山文音撮影

 小学校でプログラミング教育が2020年度から必修になるのを前に、ボートレース鳴門(鳴門市撫養町大桑島)で11日、小学生を対象にしたプログラミングのワークショップがあった。約100人の親子連れが、タブレットを使ってアニメーションを作ったり、ボートに見立てたブロックを組み合わせたりして楽しみながら学んだ。

 小学5、6年生対象のブースでは、ロボットが赤外線センサーを使って、紙に印刷された線の上を自走するプログラミングについて解説。子供たちは、パソコンでセンサーの反応数値などを調整してプログラムを転送し、ロボットを思い通りに走らせていた。

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです