メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、中東へ出発 3カ国訪問 情勢安定化協議

 安倍晋三首相は11日、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの中東3カ国を訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発した。米国とイランの対立で中東の緊張状態は続いており、首相は3カ国首脳らとの会談で情勢の安定化に向けた連携を確認したい考えだ。海上自衛隊の中東派遣についても理解を求める。

 首相は出発前、羽田空港で記者団に「日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく」と語った。

 最初に訪問するサウジでは、12日にサルマン国王やムハンマド皇太子とそれぞれ会談。イスラム教スンニ派の盟主で、米国と同盟関係にあるサウジは、イスラム教シーア派の大国イランと敵対しているが、米イランの対立激化が自国に波及することを警戒している。首相はサルマン国王らとの会談で、緊張緩和に向けた方策を話し合う見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです