メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

希望抱けぬ新年 理想をどう議論するか=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

長谷川真理子・総合研究大学院大学長=根岸基弘撮影

 新しい年を迎えた。何かと先の見えない時代であるが、読者のみなさんは、今年の1年にどんな期待を抱いておられるだろうか?

 今から100年前は1920年。20年代とはどんな時代だったのか、私は知らないが、二つの大戦のはざまである。大衆文化が育まれるようになり、大正デモクラシー運動も起こる一方、金融恐慌や関東大震災もあった。そしてファシズムが台頭し始めた。

 50年前は1970年。70年代ならよくわかる。私の青春時代だ。大学紛争とベトナム戦争反対で荒れた。…

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです