メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

希望抱けぬ新年 理想をどう議論するか=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

長谷川真理子・総合研究大学院大学長=根岸基弘撮影

 新しい年を迎えた。何かと先の見えない時代であるが、読者のみなさんは、今年の1年にどんな期待を抱いておられるだろうか?

 今から100年前は1920年。20年代とはどんな時代だったのか、私は知らないが、二つの大戦のはざまである。大衆文化が育まれるようになり、大正デモクラシー運動も起こる一方、金融恐慌や関東大震災もあった。そしてファシズムが台頭し始めた。

 50年前は1970年。70年代ならよくわかる。私の青春時代だ。大学紛争とベトナム戦争反対で荒れた。それまでの高度成長は、オイルショックで一応の終わりとなる。コンビニやスーパー、ファストフードの店が全国的に広がった時代。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです