メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

森林火災、世界で多発? 干ばつや野焼き原因 求められる温暖化対策=回答・武内彩

消防隊員から水を飲ませてもらうコアラ=オーストラリア南部カッドリー・クリークで2019年12月22日、ロイター

 なるほドリ オーストラリアで大規模な森林火災(しんりんかさい)が続いているんだってね。

 記者 東部ニューサウスウェールズ(NSW)州やビクトリア州で2019年後半から相次いでいます。現地は南半球なので気候は日本と逆になり、ちょうど夏が本格化する時期でした。例年そのころは山火事が起きやすいのですが、19年は記録的な干ばつで大規模化しました。ボランティアで消火活動をしていた人を含め、少なくとも27人が犠牲(ぎせい)になっています。焼失面積(しょうしつめんせき)は北海道の面積を上回る1000万ヘクタール以上に上るとみられています。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです