メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

開高健 ひきたよしあき・選

 <1>風に訊(き)け(開高健著/集英社文庫/759円)

 <2>パニック・裸の王様(開高健著/新潮文庫/605円)

 <3>開高健のパリ(開高健著/モーリス・ユトリロ絵/集英社/2200円)

 昨年は作家、開高健の没後30年、今年は生誕90年にあたる。18歳、大学受験失敗。浪人の夏に入院。ジンセイが川に漂い、沈みそうになった頃、貪(むさぼ)り読んでいたのは『週刊プレイボーイ』に連載していたライフスタイルアドバイス『風に訊け』(<1>)だった。食欲、性欲、賭博、文学、酒、旅、女。「停滞すると水は濁るでぇ」と開高健さんは私に呼びかけた。川の水の代わりに珠玉のアフォリズムを腹いっぱいに飲む。おかげで焦燥の氷が溶けた。ジンセイの独楽(こま)が回り始めた。

 大学に入って、小説を読む。心が光耀(こうよう)したのは『パニック』(<2>)だった。人の心とネズミ…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです