メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

白井聡・評 『追いついた近代 消えた近代 戦後日本の自己像と教育』=苅谷剛彦・著

 (岩波書店・3630円)

大学入試改革の失態の根源

 大学入試改革をめぐる大失態はついに表に出た。「なぜこんな不条理が?」という困惑が広がっているが、教育業界の内側から見ると、起こるべくして起きたことだ。センター試験を改革して国語・数学に記述式問題を導入する根拠は、「思考力、判断力、表現力」を問う、というものだった。「知識偏重の詰め込みではダメで、考える力や表現する力が大事だ」といった俗耳に入りやすい理屈が「改革」を後押ししてきたのである。

 そもそも、数十万人が受験する、したがって一義的な正答を設定せざるを得ない試験で測定できる「思考力、…

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです