メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会 名簿廃棄 公文書管理法に穴 保存義務、議員請求は明記なし

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、野党議員が資料要求した直後に内閣府が招待者名簿を廃棄したことに対し、専門家から公文書管理法施行令の不備を指摘する声が上がっている。施行令は、監査や個人による情報公開請求などがあった場合に文書の保存を義務づけているが、国会議員の資料請求については明記されていないからだ。【宮原健太】

 公文書管理法施行令は9条1項で「義務的な保存期間の延長」を定め、文書の保存期間を延長しなければならない条件について、(1)監査、検査(2)訴訟(3)情報公開請求の不服申し立て(4)情報公開請求――と明示している。保存期間は、(1)(2)は終了まで、(3)(4)は1年間としている。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです