メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
第69期王将戦

大阪王将杯王将戦 きょうから第1局 渡辺連覇か、広瀬奪取か

前夜祭で掛川茶PRレディから花束を受け取り、記念撮影に応じる渡辺王将(左)と挑戦者の広瀬八段=静岡県掛川市で2020年1月11日、竹内紀臣撮影

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(32)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は12、13日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。

 今年の将棋界の幕開けとなる王将戦は、2連覇で通算4期目を目指す渡辺と、初挑戦の広瀬の対戦になった。渡辺は前期、久保利明王将(当時)を4連勝で破って5期ぶりに復帰。棋王防衛、棋聖奪取で8タイトル中3冠を保持する。広瀬は王将戦リーグで5勝1敗の成績を上げて挑戦権を獲得した。最終戦は1敗で並ぶ藤井聡太七段(17)を熱戦の末に破った。昨年12月に竜王を失冠して無冠になったが、王将戦で無冠返上を目指す。

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです