メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ機、イラン誤って撃墜認める 「人為ミス」謝罪

 イランの首都テヘラン近郊で8日に起きたウクライナ国際航空のボーイング737旅客機の墜落で、イラン軍は11日、誤って撃墜したと発表した。国営イラン放送などが軍の声明を伝えた。人為的ミスによるもので故意ではないと説明しており、国民や犠牲者、遺族に謝罪した。【エルサレム高橋宗男、ニューヨーク隅俊之】

 イランのロウハニ大統領も「イランはこの破滅的な過ちを深く後悔している。私の思いと祈りは悲嘆に暮れる遺族の方々に向けられる。心よりお悔やみ申し上げる」とツイッターに投稿した。

 軍の声明によると、ウクライナ機が「機密性の高い」革命防衛隊の基地に向かって飛行し、敵と誤認した。軍はその数時間前、革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対する報復として、イラクにある米軍駐留基地をミサイル攻撃しており、当時は厳戒態勢を敷いていた。軍は、こうした状況下で誤射が起きたと説明し、関係者を訴追する方針だという。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです