メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ウクライナ機撃墜 イラン幕引き図る 国際的孤立避け「事故」撤回

 イランは11日、乗員乗客176人が死亡したウクライナ機の墜落について、これまで示唆していた「事故説」を一転させ、軍の誤射で撃墜したことを認め謝罪した。安全保障に絡む問題でイランが主張を撤回する異例の措置をとったのは、米国からの制裁強化が進む中、国際的な孤立を避ける狙いがあるほか、経済悪化で不平を抱く国民からの突き上げも回避したい思惑があるとみられる。【エルサレム高橋宗男、ニューヨーク隅俊之】

 イランのファルス通信によると、最高指導者のハメネイ師は10日に誤射に関する報告を受け、安全保障会議を経て公式に発表すべきだと指示した。

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです