メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、イラン追加制裁 鉄鋼など対象、報復に対抗

 トランプ米政権は10日、イランによる駐イラク米軍に対する報復攻撃への対抗措置として、攻撃に関与したとみられるイラン政府高官8人と同国の鉄鋼関連産業を対象にした追加経済制裁措置を発表した。対象者・団体は米国内の資産が凍結され、米国人とのいかなる取引も禁じられる。記者会見したムニューシン財務長官は、対象と取引をした第三者も制裁の対象になると警告した。

 イランが8日に実施したイラクの米軍駐留基地への弾道ミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領が「大規模な制裁を科す」と警告していた。トランプ氏は10日、制裁発動を指示する大統領令を発令。声明で「イランの核兵器獲得は許さない。イランが態度を変えるまで制裁は続く」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです