メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー 全国大学選手権 早大が堅守、速攻V

 名門復活を印象づける新たな一歩を刻んだ。11日に東京・国立競技場で6大会ぶりに行われたラグビーの第56回全国大学選手権決勝で、早大(関東対抗戦2位)は前回優勝の明大(同1位)に45―35で競り勝ち、第45回大会(2008年度)以来11大会ぶり最多16回目の優勝を果たした。

 早大は序盤からバックスを中心としたスピード豊かな連続攻撃で防御ラインを突破し、4トライを量産。出足の鋭い防御も機能し、31―0で前半を折り返した。後半は明大に5トライを許し、10点差に詰め寄られたが、逃げ切った。

 全国大学選手権決勝での「早明戦」は第33回大会(1996年度)以来23大会ぶり。決勝では明大に4連敗中だったが、雪辱を果たした。昨年11月末に完成した国立競技場でラグビーの公式戦が行われるのは初めてで、5万7345人が訪れた。

この記事は有料記事です。

残り2335文字(全文2693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです