メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自哨戒機中東へ 緊迫の空、無事祈る 家族「気をつけて」

 海上自衛隊のP3C哨戒機部隊が11日、中東派遣のため出発した。隊員は米国とイランの動き次第で突然緊迫化しかねない中東で約3カ月の任務にあたる。海自那覇航空基地(那覇市)では同日、壮行行事があり、隊員の無事を祈って涙を流す家族の姿も見られた。

 「我々を取り巻く情勢は極めて厳しく、かつ、より早く複雑に変化し続けている。海賊対処は令和の時代に入り新たな節目を迎えることになった。柔軟に対応し、任務を完遂してもらいたい」。壮行行事があった格納庫に、海自の糟井(かすい)裕之・自衛艦隊司令官の訓示を代読した園田直紀・航空集団司令官の声が響いた。

 その後、河野太郎防衛相が整列した隊員の近くに座る家族に歩み寄り、「今回出国する隊員の皆様から、新たに情報収集という任務が付け加わります。隊員が健康で、そして安全に任務を遂行できるように、しっかりバックアップしてまいります」と声を掛けた。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです