メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第69期大阪王将杯王将戦 きょうから第1局 渡辺、連覇を狙う 広瀬、初栄冠挑む

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(32)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は12、13日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる。

 今年の将棋界の幕開けとなる王将戦は、2連覇で通算4期目を目指す渡辺と、初挑戦の広瀬の対戦になった。渡辺は前期、久保利明王将(当時)を破って5期ぶりに復帰。棋王防衛、棋聖奪取で3冠を保持する。広瀬は王将戦リーグで5勝1敗の成績を上げて挑戦権を獲得した。昨年12月に竜王を失冠して無冠になったが、王将戦で無冠返上を目指す。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです