メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相サウジ到着 緊張緩和で連携確認へ 中東3カ国歴訪

安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は11日午後(日本時間同日深夜)、中東3カ国歴訪の最初の訪問国であるサウジアラビアに到着した。サウジの後、アラブ首長国連邦(UAE)とオマーンも訪れる。米国とイランの対立で中東の緊張状態は続いており、首相は3カ国首脳らとの会談で情勢の安定化に向けた連携を確認したい考えだ。海上自衛隊の中東派遣についても理解を求める。

 首相は政府専用機で羽田空港を出発する前、記者団に「これまでの友好関係の上に、話し合いによる対話、自制的な対応を促し、日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく」と語った。海自の中東派遣については「日本関係船舶の航行の安全を確保するため、情報収集能力を強化する必要がある」と説明し、訪問先で理解を求めていく考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです