メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「独裁者に死を」叫ぶイランのデモに「支持」を表明したトランプ氏の圧力

トランプ米大統領=AP

 イラン革命防衛隊がイラン人も多数搭乗するウクライナ旅客機の撃墜を認めたことを受け、テヘランなどイラン各地で11日、イラン指導部に対して強く反発する抗議デモが行われた。参加者は数日にわたって撃墜を認めなかった指導部への怒りをあらわにした。

 イランのファルス通信によると、テヘランでは約1000人が指導部に抗議するスローガンを叫んだ。ロイター通信によると、イラン各地にデモは広がり、何千人もが参加。多くが「独裁者に死を」などと叫んで最高指導者ハメネイ師や革命防衛隊を非難したという。また、イランの改革派寄りメディアも「事故原因の発表を遅らせた責…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです