メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新成人「覚悟」のバンジー! 「一皮むけた気がする」 茨城・常陸太田

眼下の湖面をめがけてダイブする新成人=茨城県常陸太田市天下野町で

 茨城県内の自治体で成人式が開かれる中、常陸太田市天下野町の竜神大吊橋で11日、市内の新成人10人が日本一の高さを誇るバンジージャンプに挑んだ。若者たちは「覚悟」を決めると、思い思いの抱負を叫びながら約100メートル下の湖面に向かってダイビングした。

 南太平洋の島国バヌアツで、大人への通過儀礼として行われる「ナゴール」がバンジージャンプの起源とされる。これにちなんで市が新成人の祝賀行事として企画し、今年で7回目となる。

 12日に同市で成人式を迎える約500人の中から男性6人、女性4人が選ばれた。着物や振り袖などの格好で登場した新成人たちは大声で「親孝行するぞ」「仕事を頑張る」などの抱負を表明。カウントダウンとともにジャンプ台から勢いよく宙に羽ばたいた。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです