メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県各地で光秀「ゆかり」PR合戦 3市で「大河ドラマ館」オープン

恵那大河ドラマ館の開館を祝い、乾杯の発声をとる山城愛好家クリス・グレンさん(前)ら=岐阜県恵那市明智町の大正ロマン館で

 戦国武将・明智光秀が主人公となるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は19日から放送が始まる。それに先立ち、光秀の前半生にゆかりのある岐阜県恵那、可児、岐阜3市の「大河ドラマ館」が11日開館した。恵那市と可児市は、光秀の生誕地との言い伝えをアピール。一方、岐阜市は戦国時代に光秀が一時仕えたとされる稲葉山城主・斎藤道三と、その娘・帰蝶(後の織田信長正室・濃姫)ゆかりの地として、観光振興につなげたい考えだ。【立松勝】

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです