メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県各地で光秀「ゆかり」PR合戦 3市で「大河ドラマ館」オープン

恵那大河ドラマ館の開館を祝い、乾杯の発声をとる山城愛好家クリス・グレンさん(前)ら=岐阜県恵那市明智町の大正ロマン館で

[PR]

 戦国武将・明智光秀が主人公となるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は19日から放送が始まる。それに先立ち、光秀の前半生にゆかりのある岐阜県恵那、可児、岐阜3市の「大河ドラマ館」が11日開館した。恵那市と可児市は、光秀の生誕地との言い伝えをアピール。一方、岐阜市は戦国時代に光秀が一時仕えたとされる稲葉山城主・斎藤道三と、その娘・帰蝶(後の織田信長正室・濃姫)ゆかりの地として、観光振興につなげたい考えだ。【立松勝】

恵那大河ドラマ館(恵那市明智町の大正ロマン館会場)

 オープニングセレモニーがあり、町民ボランティアら約300人が大河ドラマ館の開館を祝った。明智太鼓保存会が太鼓を勇壮に打ち鳴らし、観光関係者らが鏡開きを行った。

 明智町に墓所を伝承する光秀の母・牧の衣装(複製)や市所蔵の光秀の甲冑(かっちゅう)(複製)が展示されている。町内にある光秀ゆかりのスポットを紹介したコーナーも設け、光秀の生誕地説をPRする。

 ドラマ館を出た別室では、市主催の特別展「明智光秀が生きた時代の東美濃戦国史」を入場無料で開催。織田信長軍と武田信玄軍が攻防を繰り広げた地元の白鷹城跡や岩村城跡をはじめ、東美濃地域の合戦の舞台となった各山城についてパネルで紹介している。

可児大河ドラマ館(可児市瀬田の花フェスタ記念公園・明智光秀博覧館会場)

可児大河ドラマ館に展示された明智光秀の衣装(レプリカ)=岐阜県可児市大河ドラマ「麒麟がくる」活用実行委員会提供

 足を踏み入れると、主人公の明智光秀を演じる俳優の長谷川博己さんが第1話の撮影で着た衣装のレプリカがまず目に飛び込んできた。東京の撮影スタジオに建てられた「明智荘」(現・可児市と御嵩町)のセットの模型があり、岐阜、恵那市のドラマ館との違いもアピールしている。

 館外では、市が企画展「明智光秀物語」を開催。光秀の生涯を約80枚のパネルで紹介しており、本能寺の変で主君・織田信長を討った「謀反人」のイメージを覆す実直に生きた姿を示している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです