連載

ファクトチェック

「非党派性・公正性」などの国際的原則のもと、社会に広がる情報が事実かどうかを調べ、正確な情報を読者に伝えます。

連載一覧

ファクトチェック

韓国のファクトチェック元年 17年大統領選、両陣営が虚偽 今は日本語ツイートも検証

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
SNUファクトチェックセンターのサイトのトップページ
SNUファクトチェックセンターのサイトのトップページ

 政治家の発言やネットに流布する情報の真偽をメディアや専門団体が検証する「ファクトチェック」が韓国で盛んだ。その中心的な組織であるソウル大学の「SNUファクトチェックセンター」所長のチョン・ウンリョンさん(53)が11日に早稲田大学(東京都新宿区)で講演し、韓国のファクトチェックが活発になった経緯や、その現状について語った。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 チョンさんは韓国の大手紙・東亜日報に19年間勤務。記者や文化、社会両部の次長などを務めて退社し、2017年にSNUファクトチェックセンターの初代所長となった。米メリーランド大学でジャーナリズムの博士号も取得している。今回はNPО法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ、東京)主催のセミナー「韓国メディアで広がるファクトチェック 日韓協力は可能か」に登壇した。

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2397文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集