メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国のファクトチェック元年 17年大統領選、両陣営が虚偽 今は日本語ツイートも検証

SNUファクトチェックセンターのサイトのトップページ

 政治家の発言やネットに流布する情報の真偽をメディアや専門団体が検証する「ファクトチェック」が韓国で盛んだ。その中心的な組織であるソウル大学の「SNUファクトチェックセンター」所長のチョン・ウンリョンさん(53)が11日に早稲田大学(東京都新宿区)で講演し、韓国のファクトチェックが活発になった経緯や、その現状について語った。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 チョンさんは韓国の大手紙・東亜日報に19年間勤務。記者や文化、社会両部の次長などを務めて退社し、2017年にSNUファクトチェックセンターの初代所長となった。米メリーランド大学でジャーナリズムの博士号も取得している。今回はNPО法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ、東京)主催のセミナー「韓国メディアで広がるファクトチェック 日韓協力は可能か」に登壇した。

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです