メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファクトチェック

韓国のファクトチェック元年 17年大統領選、両陣営が虚偽 今は日本語ツイートも検証

SNUファクトチェックセンターのサイトのトップページ

 政治家の発言やネットに流布する情報の真偽をメディアや専門団体が検証する「ファクトチェック」が韓国で盛んだ。その中心的な組織であるソウル大学の「SNUファクトチェックセンター」所長のチョン・ウンリョンさん(53)が11日に早稲田大学(東京都新宿区)で講演し、韓国のファクトチェックが活発になった経緯や、その現状について語った。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

 チョンさんは韓国の大手紙・東亜日報に19年間勤務。記者や文化、社会両部の次長などを務めて退社し、2017年にSNUファクトチェックセンターの初代所長となった。米メリーランド大学でジャーナリズムの博士号も取得している。今回はNPО法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ、東京)主催のセミナー「韓国メディアで広がるファクトチェック 日韓協力は可能か」に登壇した。

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『呪術廻戦』累計850万部突破、約1年で3.4倍 1巻から新人作家として異例の売れ行き

  2. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「多頭飼育崩壊」 近隣住民の訴えから2年、対策取られず 行政はなぜ動かなかったのか

  5. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです