メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ガンダム」富野由悠季監督 直筆の絵コンテや企画書 島根で企画展

「機動戦士ガンダム」のイラスト原画を見る来館者=島根県益田市有明町で

 「機動戦士ガンダム」や「伝説巨神イデオン」「海のトリトン」などで知られるアニメーション監督、富野由悠季さん(78)の55年間に及ぶ仕事を回顧する企画展「富野由悠季の世界」が11日、島根県益田市有明町の県立石見美術館で始まった。直筆の絵コンテや企画書の他、デザイナーによるイラスト原画、撮影用のセル画など約3000点。3月23日まで。

 富野監督は1964年に「鉄腕アトム」で演出家デビュー。総監督や原作などを務めた79年の「機動戦士ガンダム」では宇宙での戦争を舞台にリアルな人間ドラマを描き、その後のロボットアニメに大きな影響を与えた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです