メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「錦帯橋の鵜」が初トレーニング 国内外の観光客期待

錦帯橋上流の錦川で鵜匠の手縄さばきに従い、魚を追う鵜

 山口県岩国市の夏の観光の目玉「錦帯橋の鵜飼(うかい)」で活躍する鵜の初トレーニングが11日、国の名勝・錦帯橋上流の錦川であった。

 鵜匠の坂本光好さん(75)と久貞乾さん(51)が、風折れ烏帽子(えぼし)をかぶり、黒装束に腰蓑(みの)を着けた本番同様の姿で、かがり火を掲げた鵜舟にそれぞれ乗り込み、6羽ずつの鵜をトレーニング。坂本さんらが、鵜に結わえた…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです