メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初の王将位獲得目指す広瀬が56手目封じる 王将戦第1局1日目

大阪王将杯王将戦第1局で、封じ手の入った封筒を立会の中村修九段(右)に手渡す広瀬章人八段(左)。右から2人目は渡辺明王将=静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で2020年1月12日午後6時6分、丸山進撮影

[PR]

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(32)が挑戦し、静岡県掛川市の二の丸茶室で12日始まった第69期大阪王将杯王将戦第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、掛川市・市教委、静岡新聞社・静岡放送後援、島田掛川信用金庫、ゼロの会、囲碁・将棋チャンネル協賛)は午後6時、広瀬が56手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費時間は渡辺4時間1分、広瀬3時間31分。13日午前9時に再開する。

 今期王将戦では、渡辺が連覇と3冠堅持を、広瀬は初の王将位獲得を目指している。【丸山進】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです