メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「任侠山口組」が「絆会」に名称変更 「特定抗争」2団体と一線か

兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

[PR]

 指定暴力団「任侠(にんきょう)山口組」(兵庫県尼崎市)が団体の名称を「絆会」に変更したと傘下団体の組員らに通知したことが12日、関係者への取材で判明した。兵庫県警も情報を把握し、事実関係や経緯を調べている。「山口組」の名を外すことで、対立抗争の激化で「特定抗争指定暴力団」に指定された「山口組」「神戸山口組」の2団体と一線を画し、抗争に絡んで標的になることを避けるなどの狙いがあるとみられる。

 関係者によると、任侠山口組は12日付で改称の通知を出した。この通知とみられる文書には、分裂した山口組の再統合が難しくなったことなどが改称の理由として記されているという。団体のシンボルである「代紋」も改めるとみられる。

 指定暴力団が名称を変更した場合、暴力団対策法に基づき、管轄する都道府県の公安委員会の手続きが必要となり、今後兵庫県公安委が作業を進める見通し。

 任侠山口組は、2015年8月に山口組から分裂した神戸山口組から一部が離脱し、17年4月に結成された。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです