メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフル警戒、マスク着用呼びかけ、消毒液配備 休場者続出で日本相撲協会

インフルエンザ予防のためマスクを着用して支度部屋で取材する記者ら=東京・両国国技館で2020年1月12日、大西岳彦撮影

 大相撲初場所初日の12日、東京・両国国技館では角界で猛威を振るうインフルエンザに対して「厳戒態勢」が取られた。力士の控室である東西の支度部屋前には、手洗いやうがい、マスクの着用を呼び掛ける張り紙と消毒液。取材陣も協力を求められ、支度部屋ではマスク姿の記者が力士を取り囲む光景が見られた。

 2019年12月に行われた冬巡業では、インフルエンザによる休場者が続出。感染…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです