メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

「すごく、背泳ぎが安定、自由形で攻める」競泳・大橋悠依「成長」実感

今年初レースを泳いだ大橋悠依=東京辰巳国際水泳場で2020年1月11日午後1時36分、村上正撮影

 持ち前の大きく伸びやかな泳ぎから、今年に懸ける思いが伝わってきた。競泳女子で昨夏の世界選手権女子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した大橋悠依(24)=イトマン東進。11日、東京辰巳国際水泳場で開かれた東京都新春大会で今年初のレースに臨んだ。

 「毎年、この試合は新年1発目で良いスタートを切れるよう、ベストが出る種目を選んでいる。スタートからの15メートルやターン後のアンダーウオーターで成長を感じられ、良いスタートが切れた」

 25メートルプールの短水路で行われ、2種目を泳いだ。最初は女子200メートルバタフライ。世界選手権…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです