メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・立命館宇治高トリオ、高校駅伝の悔しさ晴らす快走で王座奪還 都道府県対抗

1位でフィニッシュする京都の一山麻緒=たけびしスタジアム京都で2020年1月12日、川平愛撮影

 第38回全国都道府県対抗女子駅伝は12日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする9区間42・195キロのコースであり、京都が2時間16分15秒(速報値)で3年ぶり17回目の優勝を果たし、自らの最多優勝記録を更新した。

 立命館宇治高トリオが地元で快走した。京都は1、2区の社会人選手が出遅れた影響で、4区を終えて先頭と55秒差の16位。だが、そこから見事な追い上げを見せた。

 5区・三原が「前の選手をたくさん抜くと、前向きに考えた」と区間タイの力走。6区・村松灯が区間賞を取ると、7区の村松結は区間タイで続く。3連続区間賞の走りで先頭・宮城と15秒差に詰め寄り、8区での首位浮上につなげた。東京五輪女子マラソン代表を狙う最終9区・一山が笑顔でフィニッシュ。沢井監督は「ここまで走ってくれるとは。三原が大きかった」と感嘆した。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです